WiMAXとY!Mobile(旧イー・モバイル)の違いは?

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

一昔前と違って、今は多くの方がスマートフォンやタブレットでインターネットを気軽に楽しめるようになってきました。以前は家の中でしかインターネットができなかったのに、今はどこでも自由にインターネットに接続できるようになっています。

そうした中で注目されているのが、通信費を安く抑えつつ、ハイスピードでのインターネットが可能なポケットWi-Fiです。ポケットWi-Fiを持っていれば、スマートフォン、タブレット、パソコンなど多くのガジェットで簡単にインターネットを楽しむことができます。

今回はポケットWi-Fiの2大巨頭である、WiMAXとY!Mobileを比較し、どちらがあなたにとってベストの選択かをご紹介したいと思います。

まず、WiMAXとY!Mobileは何が違うのでしょうか?

まず決定的に違うのが、メインの通信方式です。WiMAXはWiMAX2+を、Y!MobileはLTE方式を採用しています。それに伴い、通信速度や通信エリア、また一か月の速度制限での違いが出てきます。それぞれ、もう少し詳しく解説いたします。

通信速度

最初に通信速度に関して比較をします。

WiMAXはつい最近まで、下り最大220Mbpsとなっていました。これだけでもかなり速いのですが、先日(2016年7月)このスピードをはるかに凌駕する370Mbpsという「WiMAX史上最速」のポケットWi-Fi(W03というルーター)が登場しています。

今は東京や大阪といった大都市圏のみのスピードですが、このエリアは順次全国に拡大していくものと思われます。その上、WiMAX2+がまだ届かない郊外でもau 4G LTEモードが対応しており、こちらのスピードも下り最大150Mbpsとかなりのスピードを誇っています。

Y!Mobileは下り最大187.5Mbpsとなっておりこちらも必要十分なスピードとなっています。ですが前述したWiMAXに比べれば多少見劣りするのは否めません。理論上の通信速度に関してはWiMAXに軍配が上がるといえます。

Y!MobileがWiMAXより秀でている点といえば、屋内での通信安定性でしょう。Y!Mobileがメインで採用しているLTEは、屋内にも入り込みやすい電波性質となっており、屋内でも安定したスピードが出るようです。

しかしWiMAXもau 4G LTEモードに対応していますので「屋内でもつながりやすいLTE」というのがY!Mobileダントツの長所、とは言い難くなっています。もちろん通信速度は理論上の数字ですし、多くの場合、場所・状況にかなり左右されるものです。もっともよく使用する場所・状況に応じて選ぶ必要があります。

通信エリア

通信エリアに関しても、WiMAXの方が優れているようです。

WiMAXは全国実人口カバーが1億人を突破しました。全国政令指定都市での人口カバー率も99%、これからも順次エリアを拡大していきます。それにくわえて、au 4G LTEモードに対応していますので、向かうところ敵なしです。

Y!Mobileは4Gエリアと3Gエリアの両方に対応していますので、エリアの点でつながりにくい所は少ないでしょう。全国どこでもつながりやすくなっています。ですが3Gエリアではもちろんスピードが遅くなってしまいます。

3Gエリアのスピードは下り最大21Mbpsですので、いつものスピードに慣れていれば、少しストレスを感じるかもしれません。

4G LTEに対応しているところがY!Mobileの強みでしたが、WiMAXもau 4G LTEモードに対応しましたので、これも大きな長所とはいい難くなっています。

以上の点から考えて、やはりエリアに関してもWiMAXに軍配が上がります。

一か月の速度制限

最後に一か月の速度制限についての比較をしたいと思います。

各通信キャリアは、帯域の混雑を避けるため、速度制限を設けています。速度制限にかかってしまいますと一定期間、高速通信が使えなくなってしまうのです。

したがって、通信キャリアを選ぶ際、速度制限がどれくらいでかかってくるのか、がとても重要な要素となってきます。

まず、WiMAXですが「1カ月7G」という制限があります。つまり1か月に7G以上使うと通信速度に制限がかかってしまいます。Y!Mobileはこの通信制限が「1カ月10G・1日366MB」となっています。

1カ月7Gと10Gですので、単純にそこを比べるとY!Mobileのほうが有利に思えます。しかし、意外と曲者なのがY!Mobileの「1日366MB」の制限です。

ウェブサイトの1ページがおおよそ1MBだといわれています。ですから、366MBはウェブページを360ページ以上は閲覧できる計算です。これを十分とみるか、不十分とみるか、それはどれくらいインターネットを使用しているかによって変わってくるでしょう。

メールやちょっとした検索だけならば、366MBでも十分かもしれません。しかし、動画を見ると、すぐに1日366MBの制限にかかってしまうので注意が必要です。やはり、速度制限の点でもWiMAXをお勧めします。

WiMAXの「ギガ放題」

WiMAXには「ギガ放題」というオプションが準備されており、1カ月プラス700円で通信無制限になるからです。しかもこのオプションは月ごとに変更可能ですので、ネット利用が多い月にはギガ放題をつけ、それ以外の時は外しておく、といったことも可能になります。

ですが、WiMAXにも注意点があります。このギガ放題をオプションで付けると、「1カ月」の速度制限はなくなりますが、「3日3G」という新たな制限が加わってきます。

3Gがどれくらいかといえば、おおよそですがウェブサイト10000ページ分、動画再生で12時間ほどという計算になるようです。

超ヘビーユーザーには物足りないかもしれません。ですが、1日4時間程度動画を見れると思えば、十分以上の制限ではないでしょうか。

以上、WiMAXとY!Mobileの違いについて比較してきました。総じて現時点ではWiMAXの方がお得でしょう。ヤフープレミアム会員ならY!Mobileは月額料金が最安2480円で使用できますが、速度・エリア・制限の3点から見ても断然WiMAXをお勧めします。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX