WIMAXとは

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

いまでは初心者でも知っている人が多い小型のモバイルルーター端末。気軽に持ち歩けて外出先でも簡単にwi-fiによる高速インターネット通信を利用できることから、人気が高まっています。

価格的にも光などの固定回線に比べ比較的安く、導入の際にも面倒な工事が不要ということで、ライトユーザーの中にはモバイルルーター端末をメインの回線として使用している人もいるほどです。引越しのときもそのまま持っていけますからね。

今回は、そんなwi-fiルーターの中でも代名詞であり、知名度も高いWIMAXについてお話したいと思います。

WIMAXで何が出来るの?

まずはどんなものか、簡単におさらいをしてみましょう。 WIMAXとは、KDDIグループ(auもこのグループです)のUQコミュニケーションズという会社がサービスを提供している無線のインターネット回線のことです。

色々なプロバイダーでWIMAXのサービスを提供していますが、基本的にはどこの会社もUQコミュニケーションズの回線を利用するので、性能や出来ることは同じだと思ってください。

そして、契約をして提供されるモバイルルーターという小型の機器を使用すれば、光回線などがなくても簡単にインターネットが楽しめるのが最大の特徴です。

インターネットが楽しめるといっても、スマホやタブレットならモバイルルーターがなくてもインターネットに接続できるのはご存知ですよね?

しかし、スマホなどにはデータ通信による容量に制限があります。いわゆる7G制限というものです。そこでWIMAXのwi-fiを利用すれば、通信に必要なデータ容量をそちらで負担してもらい、スマホなどで使用する分を軽減できるということになります。

さらにパソコンなど、何かしらの回線を使わないとネットが出来ない機器もwi-fi接続することで高速データ通信が利用できるのです。

WIMAXのメリット

最初のメリットは面倒な工事が不要ということです。 契約をしてルーターが手元に揃えば、簡単な設定のみですぐに使えます。 引越しの多い社会人の方もプロバイダーで住所変更の手続きをするだけでそのまま使えますし、賃貸物件に住んでいて工事の手続きに手間がかかるということもありません。

次に、WIMAXは通信速度が速いというのが魅力です。
最新規格のWIMAX2+という回線を使えば下りの最大速度は220Mbpsという速さです。参考までに固定回線で有名なフレッツ光プレミアムは100Mbpsなので、どれだけ速いか分かると思います。

もちろん無線なので使用する場所の環境(地形や障害物の有無)によって速度に差は出ますが、最大の数字が220Mbpsというのは魅力です。

そして、最大のメリットが「原則として速度(容量)制限がない」という点です。原則としてというのは「3日間で3GBを超えて使用すると速度規制が掛かる」という条件があるためです。

しかし、1Gというと高画質で一時間の動画を視聴するくらいの量なので、SNSやLINE、ブラウザなどをメインに使用するのであれば、まず問題ありません。

その他にも、「使用可能なエリアが広い」「有料でauのLTE回線が使える」といったメリットもあります。

WIMAXのデメリット

一方で大きなデメリットとしては、障害物に弱いという点があります。 電波の性質上、WIMAXの電波はLTE(4G)回線に比べて通信速度は速いものの、周囲にビルが多い場所や、山に近い場所、くぼ地、周囲に林があるといった場合は、極端に電波が弱くなります。

UQコミュニケーションでも使用可能なエリアを地図で公開していますが、このエリア内にあっても上記に該当するような場所では使えない場合もあるのです。これは「都心部だから大丈夫」とか「郊外だから使えない」という意味ではなく周囲の環境の問題です。

しかし、UQコミュニケーションズのプロバイダーであるUQ WIMAXでは、契約前に15日間の無料お試しとして、レンタルプログラムが用意されているので、事前に電波状態を確認することが出来ます。

また、もしWIMAX回線の電波が弱くて困ったという場合でも、7G制限付きですがauのLTE回線に任意に切り替えて使用できるようになっているので、容量の許容範囲内でならスマホと同じくらいの速度で使うことが出来ます。

どちらにせよ、無線なので周囲の環境によって速度や電波の強弱が変化するというのは覚えていたほうが良いでしょう。

また、デメリットといえるかわかりませんが、契約や支払いの際にはクレジットカードが必要となります。

まとめ

工事不要、高速通信が可能、PCまでこの一台でインターネットが出来るという点を考えると、電波が安定して受信できるのであれば、ライトなユーザーなら固定回線を使わずにWIMAXのみでネットを利用するというのもいいでしょう。

さらにプロバイダー独自による新規契約キャンペーンも魅力的です。
もし、予算に余裕があって外出先で複数の端末を使いたいという人は、自宅は固定回線にして、外出用にWIMAXを使うというのもありです。

デメリットでは電波の弱さをお話しましたが、現在でも光回線が普及していない地方などでエリアを広げているので、今後のサービスやサポートの拡大に期待ですね。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX