新幹線や地下鉄・トンネルでもポケットwifiは繋がる?

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

ポケットWiFiやWiMAXなどのモバイルルーターは基本的に基地局から飛ばされる電波を拾ってそれをWi-Fiに変換し利用できるようにしています。ですからWiMAX以外は提供している回線の携帯が使える場所であれば基本的にどこでも使う事が出来ます。

しかし携帯の電波やWiMAXの電波というのは基本的に地下鉄やトンネルなどでは弱い傾向があります。最近では各社とも地下鉄での利用を強化するために各鉄道会社と協力して基地局を増やしていますがまだまだ利用できないところも多いのが実情です。

ここではそう言ったWiMAXの対応エリアを例に、繋がりにくい場所について考えていきます。

新幹線

WiMAXに限った話ではありませんが、新幹線の中でも携帯電話やWiMAXの対応エリアであれば通信自体は問題なくできます。ただし新幹線は高速で動いていますしトンネルも多く安定した通信というのは難しいのが実情です。

どの程度対応するのかというのは会社によって異なりますが、WiMAXの場合東海道新幹線では東京~大阪では完全に対応しないと公称しています。

携帯電話の電波はWiMAXより遅い代わりに障害物に強い特徴があるので、キャリアにもよりますが新幹線の中でも問題なく使えるという事が多いようです。ただしこちらもトンネルの中となるとまだ弱い箇所が多いとされています。

最近では通信を行う為に、各社とも車内に公衆Wi-Fiを設置してそちらで通信を行えるようにしていますが、利用者が集中する関係などからどうしても通信速度は遅くなってしまう傾向にあります。

また車内ではなく駅や構内の場合、有名な駅であればほとんどの場合基地局を利用して対応エリアになっており、対応しない場合でもWi-Fiで対応する会社が多いです。

地下鉄

地下鉄も新幹線と同様でトンネルの中で基地局を増やすなど対応をしていますが、接続できない場面が多いのが実情です。

一方で都心や利用者が多い地下鉄であればほぼ間違いなく基地局の増設などを行って通信を可能にしているので、一部の地方の地下鉄などでなければ地下鉄の駅で利用できないなどという事はありません。

また地下鉄に限らず駅というのは、人が集まりやすく優先的に基地局の増設が行われる場所となっています。

地下鉄のトンネル内部でも携帯電話は多少つながる事がありますが、WiMAXは地下鉄が苦手な場所であり正直諦めた方が良いでしょう。

しかし都心の主要な地下鉄であれば、WiMAXも基地局を増やすなどして対応しているので路線ないで利用できることも多いです。また対応エリア内の地上駅であればまず確実に利用できます。

トンネル

地下鉄や鉄道、自動車などで通るトンネルでも短い物や立地条件が揃っていれば通信を行う事自体は可能です。しかし新幹線や鉄道がとおる長いトンネルだとほとんどの場合通信ができません。

国もそう言った箇所を減らすために対策として補助金を出していますし、各社とも通信空白地域を減らすためにトンネル内に中継基地局を設置するなどして対策を進めていますが、すべてのトンネルでつながるという訳では有りません。

特にWiMAXは通常の携帯電話とは全く違う技術を利用して通信を行うので高速通信が可能な一方で遮蔽物には兎も角弱く、トンネルなどだと利用できないという事が多いで。 最近ではスマートフォンが増えてきたので各社とも対策方法として、公衆Wi-Fiで対応する事があります。

他に利用しにくい場所

その他に通信が行いにくい場所はいくつもあります。基本的に無線は障害物に弱く、基地局からコンクリートなどで遮られると通信が難しくなることが多いです。

その為地下街などは特に弱く、WiMAX、携帯回線の両方とも繋がらない事が多いです。また電波の弱さという点ではWiMAXの方が弱く、携帯電話の方が多少障害物には強いです。

ですからコンクリート製の建物の中やランドマークの中などでは電波を拾えない事が多い傾向にあります。

両者とも有名なランドマークであれば基地局の増設や公衆Wi-Fiの設置を行い通信対応エリアを増やしているのですが、多少田舎になるとやはり対応できていない場合も多いので注意が必要です。

WiMAXを使うなら

WiMAXと携帯電話の電波を比べると、WiMAXの方が早く大容量の通信が出来ますが障害物に弱いという弱点があります。

対応エリア内でも屋外であればまず問題なく活用は出来るのですが、屋内に入ると電波の接続状況が悪くなってしまうので注意が必要です。

WiMAXでは有料オプションですが地下などWiMAXが繋がりにくい場所や、対応エリア外で通信が出来るようにauのLTE回線を利用できるハイスピードプラスエリアモードを提供しています。

ハイスピードプラスエリアモードで利用できるauのLTE回線は人口カバー率99%を売りにしておりほぼ全国各地で利用来ますし、地下鉄や鉄道の対応範囲もWiMAXより広いです。

もし電車などによく乗るという方であればLTEオプションを活用する事を考える事をお勧めします。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX