通信速度が遅いときの原因・対処法

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

WIMAXは、モバイルルーターを携帯していれば外出先でも使用できてとても便利です。しかし、実際に使用している人の中には、WIMAXに対して不満を持っている方も多いようです。それは「通信速度が遅い」ということです。

キャッチコピーでは「超高速通信!」などと謳っているのに、実際に使用してみると通信速度が遅いのはなぜなのでしょう?そこには、いくつかの原因があるようです。

ここでは、通信速度を遅くしている主な原因と、それを改善させる対処法についていくつかご紹介していきます。これを知っておけば、快適なインターネットライフを送ることができるでしょう。

速度制限により通信速度が遅い

WIMAXを使用していて何だか通信速度が遅くなったと感じた場合、まず最初に考えるのが速度制限ではないでしょうか。

速度制限にもいくつか種類があります。1つは、月間利用料制限プランで設定した利用量を超えた場合です。例えば、1ヶ月に利用できる通信量が7GBの場合、各携帯電話の通信データ+WIMAXの通信データで7GBであるため、それを超えてしまうとその月の末日までは送受信速度が最大128kbpsまで低下してしまいます。

2つ目は、3日で3GB制限プランを使用している場合です。これは、ギガ放題プランを契約していることで発生する原因です。ギガ放題では、速度制限が掛かってしまってもその翌日には解除される仕組みとなっています。制限が掛かった時の通信速度については公にされていませんが、おおよそ最大速度が~1Mbpsになると言われています。

3つ目は、携帯電話会社の電波を利用した場合です。WIMAXの一部の機種では、通信電波の状態が不安定である場合に携帯電話会社の電波を利用して通信する場合かあります。このプランにしておけば、WIMAX電波が悪くでも安定してデータ通信を行うことができますが、その分速度制限の対象になる可能性も高くなります。

通信速度を判断するうえでのおおよその目安としては、0Mbps~3Mbpsは速度が遅い、4Mbps~10Mbpsは一般的な通信速度、11Mbps~20Mbpsは速度が速い、20Mbps以上は超高速となります。この数値を参考にしておくと、自分の利用している通信速度がどのくらいかを知ることができ、より効果的な対処法を探しやすいです。

WIMAXの古い機種を使用している

古い機種を使用していることが原因となっている場合もあります。 2015年3月以降、古い機種の最大速度はどんどんと低下しており、現在では下り最大速度13.3Mbpsとなっています。これは、最新機種が徐々に通信速度をアップさせているためで、WIMAX2+では下り最大速度220Mbpsとなっています。古い機種と比べてもその差は歴然です。

対処法としては、機種変更することで解決されることが多く、更に様々な特典が受けられるので大変お得です。

例えば、現在ではお得な3つの特典が付いており、1つ目は今使っているWIMAXの契約解除料が0円、2つ目は端末の代金が0円、3つ目は月額料金が最大2年間割引される、というものです。

新機種に変えることで、更に4つのメリットがあります。それは、①下り最大220Mbps、②ギガ放題なら月間データ量上限なし、③利用サービスエリアが拡大、④auとセットにするとスマホ料金がお得、など様々なメリットがあります。

実際に機種変更をしたお客様の声では、「サービス内容に満足し、これからも継続して利用したい」と考えている人は、全体の87%にもなりました。特に、通信速度が安定している、月間使用量に上限が無いから安心して使える、といった声が多く寄せられています。

WIMAXのサービス範囲外で利用している

WIMAXのサービスエリアは、携帯電話のサービスエリアのようにまだまだ拡大途中です。そのため、サービスエリア外に居る時に利用すると、電波が不安定なため上手く通信できなかったり、通信速度が遅くなってしまいます。サービスエリアを調べるためには、「Try WIMAX」を利用することで確かめることができます。

その他にも、電波障害を起こしやすい状況や場所なども原因の一つとなります。例えば、集合住宅内、オフィスビル内、Wi-fiスポット、カフェなど、不特定多数の人が集まる場所では電波障害が起きやすいです。

また、自宅でも一部の電化製品の近くで利用することによって電波障害を起こすこともあります。電化製品の多くは2.4GHz帯の周波数を使用していますが、そのチャンネルが多数あるためチャンネルが重なってしまうと電波障害を起こすことがあります。

さらに、鉄筋コンクリートの建物内でも電波が弱くなってしまいます。この電波の場合、建物のコンクリートの厚みによって障害の大小も変わってきます。

また、自宅が木造であっても、部屋の中心と窓際では電波の入り方も異なり、窓際の方が電波が入りやすく中心に行くほど弱くなります。そのため、自宅で使用する場合には、なるべく窓際のより高い場所にルーターを置くようにすると良いでしょう。

まとめ

WIMAXの通信速度が遅い原因は、①様々な契約プランで速度制限が設けられている、②最新機種を利用していない、③サービス提供エリア以外で利用している、という点があります。

①月間利用量7GBプランや、3日で3GBプランなどで契約していると、制限利用量を超えることで通信速度が遅くなります。

②古い機種は、現在下り最大13.3Mbpsまで下がっているため速度が遅いです。

③サービスエリア外や、電波障害を起こす場所などで使用すると速度が遅いです。 対処法としては、速度制限が掛からないプランに変更する、最新機種に変更する、電波が安定する場所で利用するなどがあります。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX