格安SIMとポケットwifiの比較

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

格安SIMとは、正式にはMVNOとよび、自前の通信設備を持たず大手キャリアの通信設備を借りて顧客に通信サービスを提供する会社のことです。

ポケットWi-Fiはモバイルルーターの代名詞のような扱いを受けることが多いですが、これはY!mobileが提供するモバイルルーターの商品名です。

ここではポケットWi-Fiのみならず広くモバイルルーターと格安SIMの比較をしてみます。

価●.comなどの大手の比較サイトには載っていない元販売員だからこそわかる情報をお伝えするので、格安SIMとポケットwifiを比較している方はこの先を読み進めてください。

契約の選択肢

格安SIMは非常にたくさんの会社が存在しており「比較しようにも多すぎてよくわからない」という方も多いでしょう。しかし、これだけ多くあるということは、契約の選択や比較という面でもポケットWi-Fiより優れているのです。

テザリングなどでたくさん使う方向けに10G以上の大容量プランを用意している会社もあれば、とにかく安さを求める方のために通信制限と同じ程度の速度しか出ませんが月額500円以下で提供すると言う会社もあり、比較してみると格安SIMにも色々なタイプがあります。

最近では条件付きながら月額料金0円などという会社もありますし、月額料金で差が出せず料金で比較負けしてしまう場合は、他のサービスと提携したり独自サービスを提供し、比較された時に少しでも違いを出るようにサービス内容を考えている会社が多いです。

このように自分にあった契約プランを選択・比較できると言う面では、格安SIMが勝っています。

価格は格安SIMが安い

まず一番気になる利用料金についてですが、これは圧倒的に格安SIMのほうが勝っています。契約や会社にもよりますが比較してみると、3Gで1,000円程度、7Gで3,000円以上の料金が必要になると言うことはまずありません。

ポケットWi-Fiもスマホの月額料金よりは安いことが多いですが、格安SIMと比較すると、格安SIMに勝てるほど安いと言うことはまずありません。

通話も兼用可能

この部分については賛否が別れる場合が多いのですが、ポケットWi-Fiの多くは専用契約を結ぶので通話ができません

一方で格安SIMの場合、通話SIMであれば通話契約も可能なので、「普段はスマホで使って必要なときだけSIMフリーのモバイルルーターに差し替える」ということもできます。

色々比較して複数のプランを併用するのは面倒だから嫌だ、と言う人は格安SIMのほうがおすすめできます。

通信速度はポケットWi-Fi

比較した結果、月額料金がいくら安くても、通信速度が遅いとまともに使うことができません。

格安SIMは大手キャリアの回線を間借りして顧客にサービスを提供すると言う関係から、大手キャリアと比較すると、通信速度がどうしても遅く通信速度ではポケットWi-Fiの方が安定的になっています。

格安SIMの中には通信速度の維持向上に努めて実用には問題ない程度のは速さを維持していることもあるのですが、複数台の端末でテザリングや通信を行う使い方では格安SIMと比較してしまうと、やはりポケットWi-Fiのほうが安定しています。

機種の選択肢

意外と思う方が多いのですが、モバイルルーターと言う面に限って言えば格安SIM対応のモバイルルーターと比較すると、Y!mobileやWiMAXの方が圧倒的に品揃えがよいのが実情です。

格安SIMでもSIMフリーのモバイルルーターを提供していることがあるのですが、品揃えとしては悪いとしか言えないのが実情で、つい最近までSIMフリーのモバイルルーターは一機種しか存在していませんでした。

最近ではMVNOの流行により数機種ほど種類は増えてきましたが、定期的に新機種が出るポケットWi-Fiと比較すると、機種のラインナップでは負けています。

ポケットWi-Fiでは基本的な機能だけ揃えたものから、液晶を搭載して操作性を上げたもの、変わったものではモバイルルーター搭載機種やテレビのチューナーを搭載した機種などもあり、複数の機種から選択し比較したいという方はポケットWi-Fiがおすすめです。

安さなら格安SIM、たくさん使うならポケットWi-Fi

まとめとしては安さと契約の選択肢の多く複数社を比較できる点では格安SIM通信速度と機種のラインナップではポケットWi-Fiと言えるでしょう。

ポケットWi-Fiも通話が必要ない専用プランが提供されているので、スマホを契約するよりは安くつくことが多いのですがそれでも料金プランを比較してみると格安SIMに勝つことはできません。

そして容量や料金、通信速度に提供サービスなど複数の面から自由に選ぶことが出来る格安SIMは非常に選択肢が広く、色々な会社を比較することができます。

一方で通信速度の面では向上を図っていますがポケットWi-Fiの方が速くて安定的ですし、提供されている機種の選択肢も多く端末を比較できることが特徴です。

どちらをとるかというのは個人の自由なので自分でしっかりと考えて比較してみて選択していきましょう。

テザリングと使い分ける?

「格安SIMでポケットWi-Fiのような使い方をしたい」と言う場合SIMフリー機種やSIMフリーのモバイルルーターでデザリングをすることになります。

テザリングとモバイルルーターと言う面でもそれぞれ違った特徴があるので、そういった部分でもしっかり考えて比較や選択する必要があります。またdocomoが提供しているモバイルルーターであれば格安SIMで利用することも可能です。(古い機種だと対応していない場合がるため、現行のモデルと比較してから選びましょう。)

大手通信会社のモバイル端末

格安SIMでテザリングを検討している方は、きっと大手通信会社の料金プランや端末も比較していると思います。

ここ最近、docomoやau、softbankは基本的には通信料を高くしてここでお金を集めて、通話は極限まで安くする戦略をとっています。

一方で格安SIMと比較してみると、格安SIMは、通信料を安くして、通話は大手通信会社に比べると高いという逆の戦略をとっています。

大手通信会社と格安SIMを比較してみて、通話と通信のどちらをメインで考えるかによって、選択が変わってきます。

多くの格安SIM比較サイトや、ポケットWIFI比較サイトでは、各ジャンルの中の料金や通信量だけで比較している場合が多いので、それぞれの強みと弱みを理解した上で、大手なのか格安SIMなのかモバイルルーターなのかを比較して、選ぶことが重要です。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX