プロパイダ比較

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

WIMAXのプロパイダは、現在確認されているメジャーな所だけでも20社近く存在し、運営母体も様々なだけではなく、その料金体系やキャンペーンなど細かい点で違いがあります。サービス内容自体に大きな違いはありません。

しかし、実際にWIMAXにする前に、自分の利用実態などをよく考えずに、ただ安いだけとか、キャッシュバック額が多いといった理由でなんとなく契約してしまうと、後々後悔してしまう事になり兼ねません。

そこで、ここでは主要なプロパイダの特徴などを比較しながら、実際にWIMAXに申し込む前に検討するべきポイントを紹介していきます。

料金面でのプロパイダ比較

WIMAXに限らず、この手の通信サービスを比較する上でどうしても気になってしまう、料金面を比較します。1年間のトータルコストで比較すると、一番安いのはGMOのとくとくBB WiMAX2+Flatツープラスが最も安く、1年目が9699円、2年目が4万3308円となっており、最も年間の費用が安く設定されています。

これよりはやや高いものの、安めの料金設定になっているのが、@nifty、So-net、PEPABO、BIGLOBEでこちらは2年間トータルで見れば、それ程大きな違いはありません。

逆に最も高いのが、ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、エディオンなどの家電量販店で年間で5万2000円前後も掛かります。

このように、料金面だけを比較すると、家電量販店系よりもSo-netなどパソコン向けのプロパイダを手掛けているインターネットサービスをしている会社が料金面では有利になっています。

ただし、ここで紹介した価格はキャッシュバックをきちんと受け取った場合の金額なので、キャッシュバックを受け取れなかった場合は、この限りではありません。また価格は随時変更されたり、改訂される可能性があるという点にも注意が必要です。

契約内容や違約金を比較

WIMAXなどの回線契約やプロパイダ契約においては、契約内容と解約する時に発生する可能性のある違約金や解約金の額などもしっかりと考慮に入れる必要があります。

主な20社の中で比較すると、最も長い契約期間を設定しているのが、Broad WIMAX2+の3年です。この他は概ね平均して、2年の契約期間ですが、WIMAXの回線提供元のUQのUQ WIMAX2+に限っては1年契約が可能になっています。

解約金に関しては、高く設定されているのは、とくとくBBでWIMAX2+を契約した場合で、1ヶ月目~13ヶ月目の1万9000円で以降11ヶ月経つ度に5000円ずつ少なくなりますが、25ヶ月目以降でも9500円の解約金は掛かってしまいます。こう考えると、とくとくBBは短期間で解約するつもりならば、あまりおすすめ出来ません。

解約金が安く設定されているのはUQから申し込んだ場合で、WIMAXの契約であれば9500円、WIMAX2+の場合、1ヶ月目~13ヶ月目が1万9000円、14ヶ月目~25ヶ月目が1万4000円、26ヶ月目でようやく0円、27ヶ月目以降は9500円となります。

解約金を無料にしようと考えるなら、WIMAXであれば13ヶ月目、WIMAX2+であれば26ヶ月目に解約を申し込む必要があります。しかし、他の月に解約したとしても他のプロパイダに比べれば解約金は安めで、お試しで使ってみたいという時にはピッタリなプロパイダです。

通信品質やサポート面を比較

WIMAXの場合、基本的には回線自体はUQ なのでどのプロパイダを選んでも通信品質は変わらないと考えがちですが、実際には通信の品質は各プロパイダによって微妙に異なります。そうなった場合、的確なサポートを受けられるプロパイダかどうかも非常に重要です。

通信品質やサポート体制で選んだ場合、とくとくBBなどのインターネットサービスは若干見劣りする感は否定出来ません。逆に、運営元が大手の老舗メーカーでもある、ビッグローブ、So-net、@niftyなどはパソコン向けのプロパイダを運営しているノウハウもあり、サポートやバックボーンという点で他社よりも抜きん出ているのは事実です。

もちろん、大手だから安全とか新興の運営会社だからと言って一概に悪いとは言えませんが、新興の運営会社はどうしても通信品質よりも価格で勝負しようと考えている所が多く、サポートや通信品質の充実という所まで手が回らないというのが現状です。

しかし、通信品質ばかりは、どうしても住んでいる地域や利用状況によって左右されるケースも少なくない為、ある程度我慢しなければならないという事を頭の片隅に置いておく事も必要でしょう。

まとめ

ここまで、料金面、契約期間や解約金、サポートの3つに絞って比較しましたが、どのプロパイダを選んだとしても、一長一短で全てにおいて満足できるプロパイダを見つけ出して契約するのは、至難の業と言えます。

従って、WIMAXのプロパイダを選ぶ時には、自分が一番重視するポイントは何なのかをよく考えて契約すれば、後々後悔する事も少なくなります。

特にキャンペーンなどの特典に拘りが無いのであれば、解約金も安くある程度のサポートも期待できる、回線提供元のUQ WIMAXと契約するというのも決して悪い判断では無いでしょう。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX