MVNOとは?docomo・au・SortBankとの違いは何?

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

MVNO(格安SIM)と言われるサービスは、その料金の安さから最近注目を集めています。

このMVNOは大手キャリアと違い独自の回線を持っておらず、回線の弱さなどで弱点もあるのですがその分独自性や月額料金の安さなどで利用者が急増しています。

ここではそんなMVNOについての基本中の基本、「MVNOとはなにいか」ということについて解説していきます。

大手キャリアは通信回線を独自に所有している

一般の人がよく知っているdocomo・SoftBank・auの3社は俗に「大手キャリア」と呼ばれています。この三社は独自に通信回線を持ち、その回線を利用者に提供しています。

通信回線を自社で所有し維持しているのでその分経費が必要となり月額料金は割高になってしまいますが、独自端末や独自サービスの提供で顧客を囲い込み、全国各地に実店舗設置するなど高い品質のサービスを提供することで利用者獲得を図ってきました。

MVNOは独自の回線を持っていない

一方で最近話題になっているMVNOは独自の回線を保有していません。大手キャリアが所有している回線で自社の通信サービスを提供しています。

言うなれば間借りとも言える物で、大手キャリアが所有し維持や保守などをしている回線の一部を利用して提供するので維持費などがかからず大手キャリアに比べて月額料金が割安になるというわけです。

MVNOのメリット

この遅い通信速度をカバーするためにMVNO各社は独自のサービスを提供して顧客を集めています。一番わかり安い例は「格安SIM」の代名詞が表しているように月額料金の安さです。

安いものだと月額500円程度から利用できるものもあり、スマホが主流になることによって高騰した月額料金と合わせて注目を集める要因となっています。

最近では音声通話の代わりにインターネット通話を提供する会社もありますし、今では通話料金0円が可能という会社も出てきました。

逆にフルサービスや自社の配信サービスとの連携、独自端末の提供など多少高くてもオリジナルのサービスを提供する会社や高速通信容量が10G以上、無制限プランなどを提供する会社など他の会社とは違う特色を押し出す会社も多いです。

このようにそれぞれ特色ある契約プランを打ち出しているので自分にあった契約と会社を選ぶことができる自由度がMVNOの売りとなっています。

MVNOのデメリット

MVNOは大手キャリアの回線を間借りしているので、大手キャリアに比べると通信速度が遅くなります。大手キャリアでも年末年始の年賀状メールや特定のイベントで利用者が一気に集まると通信が遅くなる、場合によって通信ができなくなりニュースになることがあります。

MVNOは大手キャリアの回線の一部を間借りしてそれを分割して利用者に提供しているので、これと同様のことが起こりやすく通信速度はどうしても遅くなってしまうというわけです。

ただしこれは会社によって差が大きく、常に通信速度維持のために努力し大手キャリアには負けても実用には問題ない速さを維持する会社もあれば、安さを売りに通信速度を初めから遅く設定する会社もあります。

よく勘違いされるものや似ているもの

最後にMVNOとよく勘違いされる会社や似ている会社、MVNOではないが関係ある言葉についてすこし解説します。

Y!mobile

ヤフーのブランド名を持っており、独自の売り場やCMを提供しているYモバイルですが、料金の安さを売りにしているところなどからMVNOと勘違いされることがあります。

Yモバイルのホームページを確認していただければわかるのですが、YモバイルはSoftBankが運営するブランドでありMVNOとは違います。

その為、乗り換えのキャッシュバックも「Softbank以外からの」と条件が付くことあります。

WiMAX

MVNOの登場と共に通信費削減ということで注目を集めているのがWiMAXですが、これはLTEのような通信技術の名前です。

日本ではauの完全子会社であるUQコミュニュケーションズがモバイルルーターの商品名として提供していることで、モバイルルーターの代名詞のような扱いを受けることがあります。

ちなみにこのUQコミュニュニケーションズもUQモバイルの名前でauの回線を借りてMVNO事業を行っています。

○○WiMAX

WiMAXを提供するUQWiMAXでもMVNOに対して通信回線を提供しています。○○WiMAXという名前で提供されるサービスの多くはこのWiMAXのMVNOサービスであるといえます。

また提供元であるUQでもUQ WiMAXの名前でWiMAX回線を提供しています。ちなみにこういった商品を店頭で販売する会社は「販売代理店」と呼びます。

MVNOとの契約をした場合、利用者とMVNOとの契約になるのでUQコミュニケーションズは関わりません。販売代理店は販売や営業の代理なので、契約はその会社とではなくUQコミュニケーションズなどサービスの提供元と行います。

MNO、MVNE、MVNA

MVNOに関係する言葉としては上の3つがあります。

MNOとは独自に通信回線を持つ企業、日本だと大手キャリアのことです。MVNAは大手キャリアとMVNOの間に入る、いわば問屋的な存在です。

大手キャリアが提示する最低条件を満たさない会社は、MVNAからもっと小分けされた回線を買うことでサービスの提供を実現します。

MVNEはMVNO事業の開始を手助けをしたり集金などを代理、する、MVNOに関する委託事業やアウトソーシングを行っている会社のことです。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX