モバイルルーターとは?初心者でも失敗しない選び方

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

外出中もインターネットを使いたいという場合、テザリングや公衆Wi-Fiなどいくつか選択はありますが、頻繁にネットを使う場合や多く通信量が必要な作業を行う方はモバイルルーターがおすすめです。

ここではモバイルルーターについての基本とどんな種類があるかという事を解説していきたいと思います。

モバイルルーターの基本

モバイルルーターというのは「モバイル通信をWi-Fiに変換する機械」の事です。

家庭用のWi-Fiルーターというのは固定回線から受け取った通信をWi-Fiルーターで変換してパソコンやスマホなどで使えるようにしていますが、モバイルルーターは固定回線から受け取る代わりに大手キャリアが提供する携帯電話向けのモバイル通信などから電波を受け取ってWi-Fiに変換するという仕組みです。

ほかの言い方としてはスマートフォンのテザリングも同様の機能なので、テザリング専用端末とも言い表す事ができます。

スマホのテザリングの方が専用の端末を用意する必要が無いので簡単に利用する事が出来ますが、テザリング機能専用で作っている訳ではないのでモバイルルーターに比べれるとバッテリーの減りが非常に速いというデメリットがあります。

種類

モバイルルーターは基本的に大手キャリア、つまりdocomo、au、SoftBankの3社(グループ会社を含む)が提供しています。

その中でも力を入れているのがauとSoftBankのグループ会社でありdocomoも品ぞろえや利用可能エリアなどに問題があるという訳ではないのですが、他の2社が強すぎてその陰に隠れているというのが実情です。

WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズがWiMAXという通信技術を使って提供するモバイルルーターの事です。

UQコミュニケーションズはauの完全子会社なのでauが提供するモバイルルーターはWiMAXのみですし、UQはWiMAX回線を他社に開放しているので「〇〇WiMAX」という名前でMVNOが多数存在しています。

WiMAXは高速通信と大容量通信が可能となっており、料金は若干高めですがモバイルルーターとしてだけではなく家庭用の通信回線として使う方も存在するなど、非常に人気があります。

ちなみにWiMAXは携帯のモバイル通信とは全く違う技術を用いているのでauや他社のSIMカードを刺しても利用する事はできません。ですから、中古端末などを手に入れてもUQコミュニケーションズなどWiMAXの端末でしか利用する事はできません。

ポケットWiFi

モバイルルーターの代名詞のように扱われるポケットWiFiですが、これはワイモバイルが提供するモバイルルーターの商品名です。

意外と知らない人が多いのですが、Y!mobileはYahoo!Japanが運営している訳ではなくSoftBankが運営するブランドです。

ですからポケットWiFiはSoftBankブランドでも販売されています。またYahoo!JapanでもYahoo!Wi-Fiという形で提供されています。

提供される会社によって料金プランの違いや特典の違いがあるので一概には言えませんが、安い月額料金とモバイルルーターとして安定した品質、そしてその知名度の三つが合わさってモバイルルーターの中ではトップクラスの人気を誇っています。

ちなみににSIMロックを解除することでdocomoの回線でも使えない事はないのですが、電波バンドが全く違うのでまったく実用的ではありません。

Wi-Fi Station

上の2社の知名度に押されてあまり知られていませんが、Wi-Fi Stationはdocomoが提供するモバイルルーターに付けられる商標です。

docomoの通信回線が利用できるので対応エリアが広く、サービスや品質などは特に問題があるわけでもなく、商品も定番の商品からちょっと変わった物まで手堅くそろえているので他の2社より劣っている訳では有りませんが、やはりその知名度のなさなどから陰に隠れてしまっています。

SIMフリー

MVNOの登場とともにSIMフリースマホに注目が集まっていますが、SIMフリーのモバイルルーターはあまり人気が無く、品ぞろえはスマホより劣っています。

しかし最近はMVNOでも大容量を売りにする会社が増えるなど、データ通信専用端末の必要性が高まっている為新しいSIMフリーモバイルルーターが多数販売されるようになっています。

どこを見るべきか?

SIMフリーモバイルルーターと一口に言っても複数ありますが、日本で販売されている物であれば以下の三つだけはしっかりと確認しましょう。

LTE対応か

ほとんどの機種はLTE対応ですが3G専用モバイルルーターという端末も存在しています。しかし3Gは近い将来低波されると予想されますし、回線も早くないので基本的にはLTE対応のモバイルルーターがおすすめです。

電波バンドと通信規格

現在のMVNOはau系とdocomo系の二つが存在しています。SoftBankはMVNOに回線を開放していません

そのなかでもauは独自の通信規格を用いていますし、提供する会社の数が少ないという事で多くのSIMフリー端末はdocomo系に設定を合わせて販売しています。

ヤフオクに注意

現在販売されているほとんどのモバイルルーターはdocomo系回線に合わせたLTE対応ルーターなのでdocomo系MVNOの方であればほとんど問題ありません。

しかしヤフオクなどには海外製品や古い機種が売られてたりするので、知識がないうちはネットオークションなどで中古端末を買うのは控える事をお勧めします。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX