Broad WiMAXのメリット・デメリット

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

月額制限がなく、エリアが広く、そしてハイスピードで屋内でも、屋外でもインターネットを利用できる、そんな夢のような回線WiMAX。

今はまだ、大都市圏限定ではあるものの、下り最大370Mbpsを達成した超高速インターネットです。

そもそもWiMAXはUQコミュニケーションズという会社が提供しているインターネット回線で、多くのプロバイダがそれを利用しサービスを提供しています。

たくさんプロバイダがあるので、どれを選んだらよいか迷ってしまう。そんな声も聴かれます。人によって選ぶ基準は異なってくることでしょう。

「キャッシュバックがたくさんある方が良い」とか、「タブレットとセットになっている方が便利だ」「なるべく初期費用を安く抑えた」など様々な意見があります。

また「とにかく月額料金を安く抑えたい」という方もおられるでしょう。月々払う金額を安く抑えたい、そんな方にお勧めしたいプロバイダがあります。

それは月額利用料金が業界最安値といわれている、Broad WiMAXというプロバイダです。他のプロバイダとは月額料金で比較すると何百円も安いので、とてもお得感があり、今人気のプロバイダの一つとなっています。

ではBroad WiMAXについてもう少し詳しくご紹介しましょう。メリット、そしてデメリットもお伝えしますので、ぜひプロバイダ選びの参考になさってください。

Broad WiMAXのメリット

まずメリットについてです。Broad WiMAXのメリット、それは何といっても月額料金が業界最安値である、ということでしょう。

どれくらい安いかといいますと、「ギガ放題」という月間制限のかからない一番人気のプランで、月額最安2,856円(税抜)、4か月目からは3541円となります。

これは本家UQ WiMAXの月額最安3,696円(税抜)、4カ月目以降の4380円と比べると700円から800円以上安い設定となっています。

どちらも2年契約ですから、2年間トータルで考えてみましょう。Broad WiMAXの2年間でかかるトータル料金は、2,856円×3(1~3か月)と3,541円×21(4~24カ月)で、2年間で82,929円となります。

一方UQ WiMAXは、3,696円×3(1~3か月)と4,380円×21(4~24カ月)の合計で103,068円となります。トータルで考えますと20,139円ほどBroad WiMAXの方が安い計算になります。

以上考えたように、Broad WiMAXの最大のメリットは、月額料金が他のプロバイダと比較してかなり安く抑えられている、という点です。

なぜ月額料金が安いのか

なぜ月額料金を抑えられるかといいますと、他のプロバイダが行っているようなキャンペーンによるキャッシュバックがほとんどないからです。

キャッシュバックの分を月額料金に回しているので安く抑えることができています。キャッシュバックに必要な面倒な手続きをしたくない、という方にはぴったりのプロバイダでしょう。

普通、キャッシュバックを受け取るには契約から1年後、いくつかの手続きを経て初めて得られるものです。それゆえ、キャッシュバックを受け取り損ねた、ということが良くあります。

ですが、シンプルなBroad WiMAXのプランはキャッシュバックを最初から月額料金に回していますので、受け取り損ねることがなく安心して利用できます。

Broad WiMAXのデメリット

Broad WiMAXのデメリット、それは大きく分けて二つあります。それは、「初期費用が掛かる」と「モバイルルーターの種類が少ない」ということです。

初期費用はキャンペーン適用で大幅割引

まず初期費用についてご説明します。初期費用はそれぞれプランによって異なりますが、すべてのプランには共通して事務手数料3,000円がかかってきます。

これはどのプロバイダと契約しても必ずかかってくる費用です。Broad WiMAXは大きく分けて月間データ使用量に7ギガの制限がある「ベーシックプラン」と月間データ使用量に制限がない「月額最安プラン」の二つが準備されています。

「ベーシックプラン」の初期費用は無料です。一方、「月額最安プラン」は初期費用として18,857円が必要です。

18,000円ともなると少し高いような気がしますが、前述した月額費用が他のプロバイダに比べて20,000円ほど安い設定ですので、トータルで考えるとトントンという感じでしょうか?

しかしこの18,000円の初期費用は一定の条件を満たせば無料になるキャンペーンが行われています。

それは①WEB申し込み、②支払いをクレジットカード払いにする、③端末安心サポートとMyBroadサポートというオプションに加入することです。

①②は簡単にクリアできるでしょう。気になるのは③のオプションですが、これもそこまで複雑ではありません。モバイルルーターが届いた時点で解約できますので、そこまで大きな問題にはなりません。

デメリットとして初期費用の高さを上げましたが、キャンペーンを上手に利用することでこのデメリットはクリアできます。

選べる機種が少ない

もう一つのデメリットは、モバイルルーターの機種の種類が少ないという点です。本家UQ WiMAXはたくさんのモバイルルーターがラインナップされています。

UQ WiMAXの公式ウェブサイトによると、現在取り扱っているルーターはSpeed Wi-Fi NEXTシリーズのW03、W02、WX02、WX01、W01、それに加えWi-Fi WALKER WiMAX2+シリーズのHWD15、NAD11、HWD14という8機種と豊富です。

一方、Broad WiMAXが取り扱っているモバイルルーターは2種類です。Speed Wi-Fi NEXTシリーズのW03とWX02のみとなります。

やはり少し寂しい気がします。ですがこの二機種で普通の人は満足できるでしょう。W03は今最高のスペックを誇るモバイルルーターで、下り最高370Mbpsのスピードが売りのルーターです。

加えてau 4G LTEのエリアにも対応していますので、最強のモバイルルーターです。

もう一つのWX02はWiMAX、WiMAX2+どちらのエリアにも対応しており、自動的に切り替えてくれる優れものです。また、サイズ感がとてもよく、持ち運びにとても便利なルーターです。

豊富なラインナップの中から自由に選びたい、と言われる方にはデメリットになってしまうかもしれませんが、そこまでこだわりがなければ必要十分な2機種となっています。

まとめ

以上Broad WiMAXメリット・デメリットについて考えてきました。メリットは月額料金の安さ、デメリットは初期費用が掛かる場合があることと、ルーターのラインナップが少ないことです。

メリット、デメリットをしっかり比較考慮しつつ、プロバイダを選ぶようになさってください。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX