初心者でもわかるWi-Fiとは

人気No.1モバイルWi-Fi
※当サイト調べ
Broad WiMAX
お得なWEB割実施中

スマホが登場して以降有名になった言葉がWi-Fi(ワイファイ)です。 最近では公衆Wi-Fiなどという言葉もありますし、スマートフォンやタブレットでは当たり前の機能となりつつあります。

しかしWi-Fiを解説できますかと言われたら解説出来ない人が殆どでしょう。ここでは基本に帰ってWi-Fiについて解説していきたいと思います。

無線LANの一種

Wi-Fiを簡単に解説するのであれば「無線LANの一種」となります。無線LANというのを正確に説明するのは難しいのですが、機器の間で接続して情報の交換を行うシステムです。

簡単に言えばインターネットを無線で利用できるシステムの事です。

規格が乱立していた無線LAN

無線LANが生まれた当時、同じ無線LANでも規格が複数乱立していました。

その為「同じ会社の製品でもAという機器では使えるがBでは使えない」「A社とB社では無線LANが互換があるか判らない」という事態になっており、購入者が無線LANを導入することをためらう原因となっていました。

そこでアメリカにおいてWireless Ethernet Compatibility Alliance (WECA)という認定団体が生まれ、無線LANの認定を開始しました。そのWiFiの名前が知られた時期にWi-Fi Allianceと名前を変えて現在に至ります。

無線LANの中でもこのWi-Fi Allianceに認定を受けた物を「Wi-Fi」と呼ぶのです。

なので正確にはWi-Fiと無線LANは別の物なのですが、現在搭載されているほとんどの無線LANはWi-Fiとなっているので現状においては無線LANはWi-Fiを指す言葉として使われることが多いです。

名前の由来

Wi-Fiの名前の由来ですがWireless Fidelityであると言われています。無理に日本語に訳すのであれば「無線の忠実度」「忠実な無線環境」と言ったところでしょうか?

これは元々音楽業界においてHigh Fidelityという言葉がありそこから来ています。このHigh Fidelityというのは録画、再生の段階で音楽が劣化してしまう再生機器において元の音楽にどれだけ忠実に聞こえるかというのを表す表現です。

Wi-Fiという名前は、無意味な規格名などよりも判りやすくキャッチ―な名前が良いという事でHigh Fidelityの韻を踏んでこのWiFiという言葉に生まれたと言われています。

Wireless Fidelityというのはいわば後付けであり、名前事態にそこまで深い意味を持たないので翻訳も難しいのです。

認定の確認

Wi-Fiは上記の団体が相互性のテストを行い問題が無いか確認された機種のみ名乗る事が出来ます。

見分け方は非常に簡単でテストを通った機種であれば「Wi-Fi」の認定マークが何処かに表示されているので、それを確認する事でWi-Fiの認定を受けているか確認する事が出来ます。

スマートフォンなどの場合、裏蓋を開けた本体側やバッテリーの裏などに表記されているほか、説明書などでも見る事ができるので一度は見たことがある方が多いかと思います。

Wi-Fiを使うには

Wi-Fi通信を使うには、Wi-Fiに対応した親機と子機が必要になります。Wi-Fiに対応した親機は俗にWi-Fiルーターと呼ばれ家電量販店などで簡単に手に入れる事ができます。

この機器は有線LANを無線LAN(Wi-Fi)に変換し発信するものです。公衆Wi-Fiの場合、店や提携した業者などが親機となるスポットをどこかに設置しています。

子機というのは実際にWi-Fiを受け取る側の機種です。最近ではスマートフォンやタブレット、パソコンでの利用が一般的になりましたし、携帯ゲーム機や音楽プレイヤーなどでも使う事ができるようになっています。

この双方がWi-Fiの規格に対応していれば、設定をする必要はありますが相互関係などを気にすることなく無線LANを利用する事が可能です。

モバイルルーターとは?

無線LANルーターは「有線LANで得た通信を無線LANに変換し発信する」機械の事です。WiMAXやポケットWiFiと言ったモバイルルーターは有線LANから通信を得る代わりに携帯電話などのモバイル通信を受け取りWi-Fiに変換させる端末の事です。

有線LANを使わないので外出中などネット環境が無くても利用する事が出来るというのが一番のメリットであり、外出先で通信環境を作る為に昔からよく使われていました。

最近ではスマートフォンやタブレットの他にゲーム機などでも通信を求める機種が増えていますし、IoTと言ったネット接続を前提とした機種も珍しくないため、モバイルルーターの必要性は非常に上がってきています。

モバイルルーターはWi-Fiではない

因みにモバイルルーターの事をWi-Fiと呼ぶ人が居るのですが、これは間違いです。

Wi-Fiを使ったサービスの事を〇〇Wi-Fiと呼ぶことは有るのですが、モバイルルーターはWi-Fiに変換させる機械の名前でありこれだけでWi-Fi通信が出来る類の物でもありません。

同様の勘違いとしてよくあるのがモバイルルーターを「WiMAX」や「ポケットWiFi」と呼ぶ場合ですが、この二つはモバイルルーターの中でも一部の会社が提供する商品の商標です。

因みに「Wi-Fi」も商標なので勝手に使う事はできません。なので無線LAN一般の事をWi-Fiと呼ぶのは正式には間違いなのですが、今ではWi-Fiが一般的になっているので無線LANの代名詞として使われることが珍しくないです。

  • No.1Broad WiMAX

    初期費用を18,857円大幅割引中!

    Webフォームから、月額最安プランをクレジットカード払いでお申込むと、もれなく初期費用18,857円割引!どこよりもお得に、お手軽にWiMAXを始めるキャンペーンを実施中です!

    他社だと、2~3日はかかる発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してくれます。しかも日本全国送料無料!(離島も無料です)

    公式サイト
  • No.2GMOとくとくBB

    月額3,609円(税抜)~始められるWiMAX2+

    最新端末で高速回線のWiMAX2+を手軽な料金で楽しむことができます。機器修理保証サービスの「安心サポート」も月額300円から付帯することができ、 万が一の故障してもサポート対象と認められた場合には、無償で修理(または交換)をしてもらうことができます。

    公式サイト
  • No.3UQ WiMAX

    青色のムックとガチャピンで人気

    WiMAXの草分け的存在「UQ WiMAX」は、イメージキャラクターである青色のムックとガチャピンが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い人気があります。 最近ではモバイルデータ通信に加えて、UQ mobileという格安スマホやSIMも登場しています。

    公式サイト

※ランキングは当サイトからのアクセス数・申込み数より算出しています。

人気No.1のWiMAX

※当サイト調べ

Broad WiMAX